プロミスの
審査を調べてみる

プロミスの審査をチェック

プロミスでキャッシングの申込をすると、仮審査と本審査があります。

両者は、通常意識されることも少ないのですが、ネット等で申込内容を入力し、その内容でプロミスの審査をすることを仮審査と言います。

実際にはこの仮審査の段階で融資可否や融資限度額が決定してしまい、後で変わることはありません。では、本審査では何をするかという事になりますが、本審査では申込者に電話をして、契約の意思確認をすることと、運転免許証の確認をするだけです。

要するに、仮審査の内容が真実かどうかのチェックをしているのです。

また、無人機店舗で申込をするのであれば、仮審査も本審査も全く意識することなく、契約手続が進み、カードの発行がされるのです。

消費者金融のプロミスでは、お金を借りる前にまず申し込みが必要になります。どんな借り方をするのかどうかなど自分で把握しておく必要があるでしょう。

事前にまずシュミレーションなどをして、きちんと返済できるのかどうか確認してから、申し込みをしたほうがいいかと思われます。

新規で申し込みをすると、自動審査完了後に正式に契約可能額が分かるようになっているようです。そして連絡がくるようになっていますので、連絡を待っておきましょう。

自動審査を利用できる時間は9時から21時までとなっていますので、時間内に審査をしてもらうようにしておきましょう。

また、最短ですが、30分くらいは審査に時間がかかるようになっているらしいです。そして30日間は無利息になっているようです。

プロミスの審査は甘いの?厳しいの?お金の借り方の流れ

消費者金融プロミスというのはこれまで利用しようとしたことはありませんでした。

お金を返せなかった場合にどうなってしまうのか不安だったからです。

他にも、延滞をしてしまった時に、利息も含めてどういったペナルティがあるのかよく知らなかったからです。

なので、なるべくお金はゆとりを持って使うように肝に銘じています。

プロミスのカードローンの過払い金を請求するTVCMを、最近は増えてきたように感じます。

私がカードローンを多く使っていたのは数年前ですし、小額のリボ払いでしたので、わざわざ弁護士事務所に相談することではないと思っていました。

とはいえ、過去10年以内が対象になると聞いてから、それなら対象かもと考え始めました。

戻りがいくらぐらいになるのか関心がないというほうが嘘になります。

それなら相談までは無料という法律事務所のほうが良いかもしれませんね。

お金を貸すと、厄介な事になります。

名義を借りるのも良くありません。

キャッシングの会社を利用する時に、自分の年収を証明する書類の提出を促されることもあるでしょう。

提出後、さらに年収の三分の一までしか貸すことができないと言われるのです。

そうすると、思いつくのは自分以外の名前を借りて融資を受けることです。

ただ、これもお金を貸してもらうのとほとんど一緒ですので、止めましょう。

お金を借りるときって、誰かに見られたらイヤだなあと思いますよね。

ましてカードローンやキャッシングは家族や親に知られたくないという人が少なくないようです。

キャッシングがバレる原因は自宅への郵便物ですから、これさえ避けられれば大丈夫。

いま話題のプロミスのWeb完結がぜったいオススメです。

インターネットで申込みできるのは普通ですが、本当にウェブだけで手続きが『完結』するのがミソなんです。

参考:プロミス借り方の流れは?すぐ借りれる?【審査に通るコツ】

当然、カードや明細送付もないので同居の家族にバレる心配がないです。

利用明細はWebの個人ページから確認することになります。

時代は変わりましたね。

近年のプロミスのキャッシングの変化は目をみはるものがあります。

申込ひとつとってもウェブ上での手続きだけでOKというものが一般的になってきました。

いまから借りる人は知らないと思いますが、昔はネットで申し込んでも、それだけでは終わらなかったですから。

でもネット申込と言ってたんです。

不思議ですね。

同じ申込でも今なら、本当にweb完結です。

忙しくても、帰宅してほんの少しPCやスマホと向きあうだけで審査から借り入れまで終わるのは、昔の手間を知っている人にとっては驚くべきことでしょう。

こんな時代になるなんて、嬉しいことですね。

まさに隔世の感です。

消費者金融や銀行のキャッシングは、いままで一度も利用したことがありません。

あれは他に選択肢がなく、やむを得ないときだけだと決めています。

どうしても欲しいものがあったとして、それが今後の返済と等価値なのか考えてから借りるべきでしょう。

自覚の持ちようかもしれませんが、気軽な借金を一度覚えてしまうと、つい使いすぎて、だんだん金銭感覚の修正が難しくなるようにも思います。

利用するときは、慎重すぎるくらいで良いのです。

目的を明確にし、完済までの見込みを立て、これなら絶対大丈夫だという額にとどめておけば、あとで後悔することもないでしょう。

カード会社や銀行で融資を受ける際に必要なものは一般に言われているほど多くはありません。

融資元により諸条件が設定されていますが、顔写真つきの免許証、パスポートなどがあれば充分でしょう。

それらの書類がない場合にも、保険証や給料明細などで柔軟に対応してもらえるようです。

随分カンタンだと思われるかもしれませんね。

でも、返すときに同じように思えるでしょうか。

それはお金を借りて使う人のバランス感覚や判断力にもよると思います。

自分の収入ばかり考えるのではなく、固定支出も考慮し、現実的な返済プランをきちんと立てる判断力が大事なのではないでしょうか。

お金を貸してくれる業者は数え切れないほど有り、頻繁に宣伝もされていますから見聞きしている人もとてもたくさんいらっしゃるかと思います。

ただし、貸金業者のことを知ってはいても自分自身で融資をしてもらった経験はないという場合、かかる利息について等、色々分からないことも多いでしょう。

まずはプロミスのキャッシング業者のページを閲覧してみると簡単な操作で融資を受けられるかどうかが判明したり一ヶ月あたりの返済額、完済までにかかる時間の計算などをコンピュータがすぐに弾きだしてくれるので助かります。

借入金の返し方には色々な方法が存在しますが、店頭で支払うこと以外に口座自動引き落としや銀行振り込みを使ったり、金融会社やコンビニエンスストアのATMでも振込みすることが可能です。

一般的ではない方法では現金書留でも支払うことが可能ですが、最もよく使われる方法は現金自動預け払い機を通して支払う方法です。

煩わしいこともなく借金を返済できる利用しやすい返済手段といえば、コンビニ返済です。

自分の好きな時間に好きなタイミングで返済しにいけますので、忘れてもすぐに思い出せます。

誰もがよく立ち寄るであろうコンビニは、私自身も仕事の合間や帰りがけなんかにも寄ります。

借りやすいキャッシングサービスを利用してお金を借りたということが周囲にさとられないこともコンビニ返済を利用する上での利点です。

使用目的が何であろうと資金を得られるのがカードローンの優れたところと言えるでしょう。

プロミスのカードローンの申込時に用途を伝えるときに、例えば予想外の出来事で急に入用だというようなどんな内容でも構いません。

「引っ越しの為」などは後々連絡がつかない恐れがある為に懸念されるようです。

法律で禁止されてはいませんが、現在借入をしている分の返済もNGです。

その理由を変えない限りどこの審査でも通りません。

SMBCモビットの借りやすいキャッシングサービスは、24時間インターネットからの申込みが可能で、10前後で審査結果を確認することが可能です。

またSMBCモビットは、大企業「三井住友銀行」のグループなので安心と信頼があり、今、人気を集めています。

提携しているATMも全国に10万台以上設置せれており、便利なコンビニからでもキャッシングも可能です。

「WEB完結」で利用して頂くと、わざわざ書類を郵送する必要がなくプロミスのキャッシングを利用出来るのです。

仲のいい友人や親族の結婚で日本を縦断しての帰省が必要になり、そこそこのお金が必要になったりした場合、あなたなら、どこでお金を借りますか。

キャッシングを選ぶのがスマートだと思います。

思っていたより手続きも簡単で、ネットからワンタッチで、お金を貸してくれるところが見つかるでしょう。

ただし、お金のやり取りをする以上、何らかの審査が必要になってくることは当たり前のことですよね。

そこのところを理解していなければ、何社はしごしようとお金は貸してもらえません。

既に多額の借金が金融各社にあったり、返済が滞って数か月分もの未払いの債務があるような人など収入が借入金を下回るなど、きちんと月々の返済が出来る状態でないことがわかってしまったりすると、お金を貸すことを検討してくれるかどうかは、考えなくてもわかる問題ですね。

キャッシング枠が設定されているクレカを利用して融資を受けるということは他の方法と比べてもかなりスピーディーです。

カードが発行されて手にしたときにはすでに審査はプロミスのキャッシング利用の場合についても併せて通っていて問題がない状態であると言えますから、決められている借り入れ限度額の上限までならばいつでもどこでも簡単に引き出しが出来るATMなどを使って面倒な段階を踏まずにとってもスピーディーにキャッシングをすることが出来ますから、覚えておきましょう。

融資とは保険会社や信用金庫などの消費者金融などの金融機関からある一定の小額の資金を貸して頂くことを意味します。

基本的に消費者金融などの金融機関でお金を借りたいと思った場合、何かあった場合の保証金を用意したり、連帯保証人を立てる必要があります。

その一方でキャッシングの場合は、保証人を用意したり担保を準備することなくお金を借りることが出来ます。

本人確認できる書類があり、審査基準に通れば誰でも、通常の場合、誰でも融資を受ける事ができます。


Copyright (C) プロミスの「すぐわかる3秒診断」を体験! All Rights Reserved